東西南北

IMG_2878.jpeg
1354号「あるものを大事にする心

▼食事が終わり、お茶やコーヒーを飲むために湯を沸かす。沸くまでの間に食器を片付け、綺麗になったキッチンでお茶を入れるのが、ルーティーンとなっている。

▼世の中には、炊飯器のスイッチを入れてご飯が炊けるまでの30分の間に、おかずやお味噌汁などを作る人もいる。炊飯器との競争だ。自分もやってみたが、何か目安を持つと効率が上がるように思えてくる。

▼そうやって生み出された時間のゆとりで、お茶をゆっくり飲み、ニュースをみてくつろぐのが、楽しみとなっている。

▼先日、廃食油のニュースを見た。飲食店から出るてんぷら油を回収し、大手航空会社の飛行機の燃料にする取り組み。海外からの引き合いもあり、国内でも現在、飼料等以外の燃料の原料として、量の確保に力を入れている。飲食店側も回収がスムーズになり、助かっているようだ。

▼今や、ペットボトルはペットボトルに、紙コップは紙コップに、プラスチックもプラスチックに生まれ変わる時代になってきた。いずれ、捨てるものは一つもなくなって、ゴミ箱がいらなくなる日が来るかもしれない。

▼時短もリサイクルも、あるものを大事にするという意味では似ている気がする。忙しい年末。今年を振り返りつつ、体力を温存して乗り切りたい。