東西南北

IMG_7534.jpeg
1341号「SDGs〜捨てない取り組み

▼ゴールデンウィークも無事、終わった。「SDGsウィーク」とのことで、企業のいろいろな取り組みに触れられていた。

▼段ボール工場では、シートのカッティングで出た端材が全て集められ、再び新しい段ボールに生まれ変わる様子を紹介し、段ボールの原料は、段ボールであることを伝えていた。

▼水を扱う会社では、若い経営者が、事業を受け継いだ際に、水のパッケージをペットボトルから紙のパッケージに変更。紙化を進める企業やホテルを中心に販売を開始していた。

▼九州の運輸会社では、社長が、廃油と豚骨ラーメンスープから出たラードの回収を開始し、バイオ燃料を研究し、トラックに使用。

▼これまで捨ててきた廃油やラードを集めてもらった地域住民、捨てるのに費用がかかっていたラーメン店などは大助かり。

▼九州の運輸会社では、更に、回収を拡大して、バイオ燃料の使用を拡大。大手のタクシー会社にも供給を開始するよう。

▼今まで捨ててきたものを捨てない取り組み。着実に進んでいる。