東西南北

IMG_4371.jpeg
1347号「水素社会の到来??

▼「スイソミル」(東京都江東区)という水素の科学館を見学した。水素は水や石油、天然ガス、化石燃料など様々なエネルギー資源から作られ、利用時に二酸化炭素を排出することがない。

▼水など再生可能エネルギーから作られ、CO2を排出しない水素は「次世代エネルギー」として、家庭用燃料電池(エネファーム)や水素バス、FCVなどの燃料電池車両)だけでなく、水素飛行機、水素発電所などの多用途展開がされるようである。

▼水素ステーションの設置や水素で走る車には、補助を出し、行政が導入を後押ししている。環境問題や脱炭素が注目される今、石油が枯渇したらどうなるのかという不安を軽減させ、明るい気持ちになった。

▼もちろん、水素バスはまだまだ珍しいし、水素の存在もまだ広く知られてはいない。新しいことを取り入れるには、相当の努力やエネルギーが必要だ。

▼しかし、今はアマゾンで頼めば翌日届くし、コンビニで自転車をレンタル、それにカーシェアと、スマホ1台でなんでもできる時代。

▼いずれ、水素社会も実現するかもしれない。