top of page
  • dbjiho

レンゴー、プロモーション段ボールを共同開発

ヤマキ「旨さ、別格。だし屋の鍋」シリーズへの全面改訂に伴い、パッケージデザインを統一したのと併せて「プロモーション段ボール」をヤマキ・レンゴーで共同開発した。

鍋つゆでは初の「購買喚起の機能」を併せ持つプロ段である。

段ボールの利用が目につくところではほぼ運搬のみだった昔、お菓子の箱みたいにもっと綺麗ならいいのに、と思っていたことが近年、夢ではなくなった。段ボールその物の品質の向上、製函機械の向上、印刷技術の向上、消費者に向けたプロモーション意識の向上など、段ボールの価値を高めてきた成果は一般の消費者の目に触れるところまで来ている。店頭に並ぶのが待ち遠しい。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい素材 [Sicle™]

10月25日号掲載の信越化学工業の製品について、お知らせしたい。 異業種であるプラ方面の専門的な分野から、段ボール製品への展開だ。 異業種とはいえ、同じ日本に住んでいれば、同じように段ボールは日常にある。 ご家庭でふと思った疑問が、この開発につながったという。 ガラスコーティングによる撥水性と難燃性。 それに加えて、リサイクルするときには完全に溶解して分離するという。 興味を持たれる会社があとを立

Comments


bottom of page