top of page
  • dbjiho

師走は本当に師走だった話

年末も押し迫り、あと数日を残すのみ。驚くほどの目まぐるしさで1年が終わろうとしている。あれもこれもやりきれなかった!来年はそれじゃもっとがんばらねば!という意気込みだけはあるのだが。さて、どこまで行けるか?

私ごときが忙しいとへこたれているのに、諸先輩方がさらに精力的に日々を過ごしていらっしゃるのを目の当たりにして、これぞ「師走」と思った次第。

足りないことばかりでお恥ずかしいと思いつつ、できることからコツコツやるしかないのだ、と何度も奮起。

新しい年も諸先輩に倣い1歩1歩進んで行こうと思う。

新しい年がより良い年となりますよう祈念いたします。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10月25日号掲載の信越化学工業の製品について、お知らせしたい。 異業種であるプラ方面の専門的な分野から、段ボール製品への展開だ。 異業種とはいえ、同じ日本に住んでいれば、同じように段ボールは日常にある。 ご家庭でふと思った疑問が、この開発につながったという。 ガラスコーティングによる撥水性と難燃性。 それに加えて、リサイクルするときには完全に溶解して分離するという。 興味を持たれる会社があとを立

bottom of page