• dbjiho

師走は本当に師走だった話

年末も押し迫り、あと数日を残すのみ。驚くほどの目まぐるしさで1年が終わろうとしている。あれもこれもやりきれなかった!来年はそれじゃもっとがんばらねば!という意気込みだけはあるのだが。さて、どこまで行けるか?

私ごときが忙しいとへこたれているのに、諸先輩方がさらに精力的に日々を過ごしていらっしゃるのを目の当たりにして、これぞ「師走」と思った次第。

足りないことばかりでお恥ずかしいと思いつつ、できることからコツコツやるしかないのだ、と何度も奮起。

新しい年も諸先輩に倣い1歩1歩進んで行こうと思う。

新しい年がより良い年となりますよう祈念いたします。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

為替の値動きが著しく、生活の様々な場面にまで波及するようだ。 エネルギー問題一つをとっても、国を維持し健全に支えることがいかに難しいことなのかを 痛感する。 小さな力ではあるだろうけれども、何かをせずにはいられない。 自分にできることを探して行こう。 その一つ一つがきっと国を作っている。 世界中が心豊かでいられますように。

人として生きる、ということにおいてはお隣と誰かれかまわず仲良くする、ということは実はとても難しい。人それぞれに信条も好みも違うのだから。 受け入れがたいこと、というのも人それぞれだ。 穏やかに柔らかく生きる、というのは無理なことなのだろうか。 争いのない穏やかな日々を願う。