top of page
  • dbjiho

梅谷製作所、新機種「ミニタイプ固定型FFG」を発表

取材に伺ったのは11月下旬。

良い天気で和歌山名産のみかんの鮮やかな「みかん色」に心躍る出張となった。

毎年恒例の取材だが、今年はやはりこのご時世。取材陣も個々に伺っての取材。

取材者としての筆者は勉強途上であり、知らない事が多い。いつも丁寧に熱心に教えてくださるので心強く居られる。

知らない事ばかりではあるが、何しろ、大きな機械の動く様や動力の回転音などいつもいつもワクワクして見入って聞き入っている。

小さなネジ一つにも「こんなところで頑張っていたか〜〜」とついつい盛大に褒めてしまうくらいなので、組み上がった大きな機械がダッダッダッとリズムを刻んで製品を作り出すところなど大興奮。

新しく開発された機械の新機構などを伺い、完成までの様々なあれやこれやを想像する。

これまた愛おしそうに説明されるお話を伺うにつれ、筆者まで愛着が湧いてくる。

愛情のこもった製品がまた世に出て大活躍します!


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10月25日号掲載の信越化学工業の製品について、お知らせしたい。 異業種であるプラ方面の専門的な分野から、段ボール製品への展開だ。 異業種とはいえ、同じ日本に住んでいれば、同じように段ボールは日常にある。 ご家庭でふと思った疑問が、この開発につながったという。 ガラスコーティングによる撥水性と難燃性。 それに加えて、リサイクルするときには完全に溶解して分離するという。 興味を持たれる会社があとを立

bottom of page